お知らせ

国際プレイセラピー協会コンソーシアム(IC-PTA)創立および理事国加入のお知らせ

秋麗の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。 

この度、私ども、日本プレイセラピー協会が国際プレイセラピー協会コンソーシアム*(以下 IC-PTAと記述)に理事国として加入することとなりましたため、皆様にご挨拶させていただきます。

*コンソーシアム:共通の目的を持つ複数の組織が、協力し合うために結成する共同体 

日本プレイセラピー協会の理事の大野木嗣子が、IC-PTAの創設から関わっておりますので、その経緯や目的について簡単にご説明いたします。 

 

IC-PTAのアイディアは、数年前(新型コロナ禍以前)に、イギリスで行われていたプレイセラピー研究グループにて、カナダとイタリア出身の2人の創設メンバーの会話の中から生まれました。このグループは、「プレイセラピーの父」として知られるアメリカのプレイセラピスト、チャールズ・シェーファー氏によって設立された研究グループです。この研究グループの始まりは、さまざまな国のプレイセラピストがプレイセラピーのアイディアを基に協力し合い、プレイセラピーの分野を世界的に発展させるという彼の夢でした。招待制の小さなグループとして、イギリスの遠隔地で年に1回開催される1週間の会議は、チャールズ・シェーファー氏がまさに望んでいた参加者間のプレイセラピーの分野での複数のコラボレーションにつながる絆を生み出す助けになりました。参加者はさまざまな国から来ており、さまざまな理論的背景に基づいてプレイセラピーを実践していますが、これらのコラボレーションから複数の書籍、ワークショップ、トレーニング、会議、新しいプレイセラピー協会などが生まれています。そして最も重要なことは、多くの生涯にわたる友情がはぐくまれたことです。 

研究グループのメンバーの多くは、このIC-PTAを実現するための話し合いに参加しました。最終的には創設メンバーは、7ヵ国(アメリカ合衆国、イギリス、イタリア、オーストラリア、カナダ、スイス、日本)からの9人で構成されています。IC-PTAの創設メンバーが所属している各国協会が、初代理事国として参加するよう招待されました。 

そして2022年、IC-PTAが正式に設立されました。初代理事国は6カ国で、日本プレイセラピー協会(日本)の他には、 Association for Play Therapy(アメリカ)、 Association for Play Therapy Italy(イタリア)、 Australasia Pacific Play Therapy Association (オーストラリア)、 British Association of Play Therapists (イギリス)、 Canadian Association for Play Therapy (カナダ)です。 

IC-PTAの最も重要な目的は次の3つです。プレイセラピーの分野を世界的に強化・発展させるために、各国プレイセラピー協会間の協力を促進すること、さまざまな国でこれから設立予定の協会に対して支援をすること、専門分野としてのプレイセラピー実践の誠実さと質の高さを担保すること。                

(  詳しくはこちら→ https://www.ic-pta.com/  ) 

日本プレイセラピー協会では、IC-PTAを通じて得られた各国のプレイセラピー事情や、プレイセラピー領域に関する最新情報を、日本のプレイセラピストにお伝えしてまいります。また、日本のプレイセラピー事情に関しても世界の会員に発信していきます。そうした情報のやり取りの中で、お互いの良い実践に学び、自国の文化に適したプレイセラピー実践の発展に寄与していくことを願っております。今後の情報発信等につきましては、本ホームページに随時掲載してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。また、情報発信方法のアイディアなどがございましたら、メールにてご意見をお寄せいただけましたら幸いです。 

『セラピストのための子どもの発達ガイドブック』編著者のオンラインセミナーのご案内

【オンラインセミナー・通訳付き】 

子ども支援に発達の基本知識を生かそう ――発達を理解することと子どもに寄り添うこと 

チラシはこちら

申し込みはこちらから https://peatix.com/event/3128142 

 

***********************************

(チラシより)このたび、『セラピストのための子どもの発達ガイドブック』(誠信書房)の編著者であるディー・C・レイ先生による講演会をオンラインで開催いたします。
アメリカのプレイセラピー界における第一人者として活躍されているレイ先生は「子どもたちの発達の知識を得るという旅は、彼らとの関係性を築く道でもある」と記されています。このような姿勢で子どもと関わることの大切さ、そして面白さを皆さんと共有するために、講演会ではこれまで多くの子どもたちに寄り添ってこられたレイ先生の体験を交えてお話しいただいた後に、監訳者の小川裕美子先生、湯野貴子先生とのディスカッションの時間を設けます。また、申し込み時に参加者の皆様からレイ先生へのご質問を受け付けますので、貴重な機会ご活用ください。

  詳しい内容につきましては添付のチラシをご覧ください。

  

<日時>2022226日(土)9001100 

<講師>ディー・C・レイ / 小川裕美子 / 湯野貴子 

<場所>オンライン開催 ※ビデオ会議ソフトウェアZoomを使用します。 

<受講料>リアルタイム視聴+2週間アーカイブ視聴:2,000円(税込) 

 

***********************************

  

いつもと違う時間の中、子どもたちにどのように寄り添うかについてみんなで考えるきっかけになればと思います。お知り合いでご興味のありそうな方にもご案内いただけますと幸いです。 

  

日本プレイセラピー協会 

 

トップへ戻る