Author : japt

【2/3オンライン講座】国際プレイセラピー週間オンライン講座「治癒的遊び」~プレイセラピーのエッセンスを日頃の支援に活かす~

2024年2月4日~10日、国際プレイセラピー週間として、世界中でプレイセラピーや治癒的遊びのワークショップ、キャンペーンなどが行われます。
日本プレイセラピー協会(JAPT)は、これに先駆けて治癒的遊びのオンライン講座を開催することにいたしました。治癒的遊びはプレイセラピーのエッセンスを元にしていますが、プレイセラピーと異なり、子どもの日頃の支援や災害支援等に取り入れることができます。今回は、治癒的遊びについて、脳や神経系の視点からもその有効性について考え、アクティビティもまじえ、体験的に楽しく学びます。また、治癒的遊びを活用する例などもご紹介します。
子どもの支援をしている方、治癒的遊びに興味のある方、ふるってご参加ください。

講師:
大野木嗣子 (臨床心理学博士、JAPT・IC-PTA* 共同創立者。子ども・トラウマ・多文化家族治療専門。幼児から大人までプレイセラピーを使用。国際ワークショップ開催。災害時や幼稚園で治癒的遊びを提供)
本田涼子 (臨床心理士、公認心理師、JAPT 代表。児童福祉分野にてプレイセラピーを実施。現在はトラウマ治療を専門とする精神科クリニック・民間相談室にてプレイセラピーやカウンセリングを実施)
清田真由美 (臨床心理士、公認心理師、JAPT 理事。母子生活支援施設でプレイセラピー、保育園・幼稚園で巡回相談を行う。)
松岡展世(臨床心理士、公認心理師、JAPT理事。保育者養成大学の教員。保育・教育領域でプレイセラピーとカウンセリング実施。)
*IC-PTA:国際プレイセラピー協会コンソーシアム

日時:2024 年 2 月 3 日(土)10:00~12:00
Zoom を用いたオンラインでの開催です。

申し込み:PEATIXイベントページからお申し込みください。
締め切りは2月 1 日(木)です。
お申し込みいただいた方には前日までに zoom の案内をお送りします。

対象: 心理士、保育士・幼稚園教諭、教師、看護師、子育て支援者、子どもの支援に関心のある学生など

定員:
100 名

参加費:500 円

プログラム内容:
⚫ 治癒的遊びとは
⚫ 脳と治癒的遊び(アクティビティも紹介)
⚫ 神経系と治癒的遊び(アクティビティも紹介)
⚫ 治癒的遊びの活用(提案や実践例):幼稚園・保育園で、震災支援の現場で
⚫ Q&A

参考
遊びを通した子どもの心の安心サポート ~つらい体験後の未就学児(乳幼児)のためのマニュアル~
遊びを通した子どもの心のケア セルフ研修ビデオ

主催・問い合わせ先: 日本プレイセラピー協会 info.japt.playtherapy@gmail.com

【IC-PTA】第1回総会に参加しました!

 12月3日、IC-PTA(国際プレイセラピー協会コンソーシアム)の第1回総会がオンラインで開催され、理事メンバーや個人メンバーとしてJAPTからも参加しました!
 世界各国から理事メンバー、正会員メンバー、個人メンバーが集まりました。現在、コンソーシアム会員は5大陸にまたがる15カ国の会員で構成されています。総会では、IC-PTAの概要、財務報告、会員報告、タスクフォースの活動、2024年に向けた計画が発表されました。会議は、参加者を積極的に巻き込んだメンティ調査によっても充実したものとなりました。
 コンソーシアムの正会員(投票権を持つ協会)は、以下の国に拠点を置いています:オーストラリア、カナダ、日本、アイルランド、イタリア、韓国、イギリス、米国、台湾 
 個人会員にご関心のある方はこちらのリンクから:https://www.ic-pta.com/memberships
2023年12月31日までにご登録いただくと、「個人チャーターメンバー」のロゴを差し上げます。

【お知らせ】IC-PTA個人会員募集 

IC-PTA は設立個人会員(Charter Individual Member)を募集しています。

今なら年会費 50 スイスフラン/ユーロのところ、25 スイスフラン/ユーロ初年度のみ12月31日までの入会で2024年12月31日まで有効)です。

IC-PTA は、各国のプレイセラピー協会と世界中のプレイセラピストの連携を促進することを目指しています。そして、どの国の子どもたちにも質の高いプレイセラピーを提供し、子どもたちの可能性を伸ばす機会を増やすことを包括的な目標としています。

この目標に賛同してくださる方は、ぜひとも個人会員になって、活動にご参加ください。目標を成し遂げるためには皆様の声とご支援が必要です!

個人会員になると、総会(第1回は2023年12月3日(日)日本時間7am)、グローバルネットワーキングイベント、タスクフォースへの参加が出来ます。

個人会員への登録はこちら

【10/1(日)】日本心理臨床学会自主シンポジウム「プレイセラピーのトレーニングとネットワーク-国際プレイセラピー協会コンソーシアム(IC-PTA)設立にあたり、日米の状況を考える-」

IC-PTA設立にあたり、日本のプレイセラピー(以下PT)の現状について今一度考えてみたいと、本企画を立ち上げました。今回はトレーニングについて、そしてトレーニングに大きく貢献していると思われるネットワークについて、テキサス州立大学名誉教授Linda E. Homeyer, Ph.D.をお招きし、考えます。日本の現状と米国の状況を聞きながら、日本特有の事情などに思いを巡らせながら、日本のPTのトレーニングについて現状の整理と今後の展望への理解を深めたいと思います。内容にご関心のある方、PT教育の実践者・関係者など、ご参加をお待ちしています。


日時:10/1(日) 10:00〜12:00

企画者・司会者:清田真由美(日本プレイセラピー協会〔JAPT〕)

司会者:松岡展世(JAPT/宇都宮共和大学)
 
話題提供者:土居真実(JAPT/元香川県教育委員会スクールカウンセラー)、Linda E. Homeyer, Ph.D.(Association for Play Therapy/IC-PTA/テキサス州立大学名誉教授)
 
指定討論者:大野木嗣子Psy.D.(JAPT/IC-PTA/ドクター大野木サイコセラピー・カウンセリングオフィス)
 
トップへ戻る