JAPT研修一覧

以下の研修について講師を派遣することができます。詳細についてはお問い合わせください。

I. プレイセラピー入門研修【専門家向け】

プレイセラピーをこれから学び、身につけたい方、現場ですでに実施しているけれど、基礎から体系的に学び、訓練を受けたいとお考えの方のためのコースです。プレイセラピーの歴史・理論・基本技法・プレイセラピストに必要な資質など入門的な必須知識を、理論講義だけでなくロールプレイやディスカッションを通して体験的に学びながら、今後それぞれがプレイセラピーという広く深い世界を探求していく指針を得られるようにしていきます。このコースは認知的な部分、対人的なやりとり、感情や感覚を含めた体験的な要素など、脳全体を使いながらの実践に向けた学びとなります。研修は2名の講師で実施します。

お問合せ  申込書 に記入の上メールで、または、お問い合わせよりお送りください。

対象 以下のいずれかに該当する方

 

1)臨床心理士、公認心理師
2)臨床心理学を学んでいる大学院在学以上の方
3)プレイセラピー実施経験者

時間数 24~40時間(例:月1回4時間x6日間など)
内容 遊びとは/遊びの力、愛着/脳/発達、プレイセラピーとは/歴史/理論技法(トラッキング・伝え返し・感情反映・責任を返す・質問への対応・制限設定)、アセスメントについての考え方、初回面接、プレイセラピスト/逆転移/文化、おもちゃ/プレイセラピー・ルーム/構造、保護者面接・他機関との連携、セルフケア/スーパービジョン、終結(時間数によっては、遊びのテーマ/トラウマとプレイセラピーを含む場合もあり)
キャンセルポリシー

・予定日の2週間前より料金の50%、1週間前より料金の100%をいただきます。

・講師の交通費、宿泊費についてもご負担いただきます。

 

II. セラピューティック・プレイ(治癒的遊び)研修【専門家向け】

セラピューティック・プレイ(治癒的遊び)について学ぶ専門家向けの研修です。セラピューティック・プレイはプレイセラピーとは異なり、プレイセラピーの理論や技法に基づき遊びを通して子どもに治癒的に関わる方法ですが、専門的な治療ではありません。日常的な子どもとの関わりの中で、発達年齢に適した成長を促進し、大人との関係性をより良いものにするために用いることができると同時に、つらい体験をした子どもや、安心感・安全感の回復を必要とする子どもへの短期・中期的なサポートに役立つ介入でもあります。ロールプレイを取り入れた体験的で実践的な研修です。こちらの研修は、プレイセラピー入門研修の導入ともなるものです。けたい方、現場ですでに実施しているけれど、基礎から体系的に学び、訓練を受けたいとお考えの方のためのコースです。プレイセラピーの歴史・理論・基本技法・プレイセラピストに必要な資質など入門的な必須知識を、理論講義だけでなくロールプレイやディスカッションを通して体験的に学びながら、今後それぞれがプレイセラピーという広く深い世界を探求していく指針を得られるようにしていきます。このコースは認知的な部分、対人的なやりとり、感情や感覚を含めた体験的な要素など、脳全体を使いながらの実践に向けた学びとなります。研修は2名の講師で実施します。

お問合せ  申込書 に記入の上メールで、またはお問い合わせよりお送りください。

講師

メイン講師1名+アシスタント1名

対象

以下のいずれかに該当する方(最大30名)

1)臨床心理士、公認心理師
2)臨床心理学を学んでいる大学院在学以上の方
3)大学院レベル以上の看護職・教職・福祉職

内容

セラピューティック・プレイ(治癒的遊び)とは(プレイセラピーとの違い)/セルフケア/愛着、神経系と協働調整/遊びの意味/脳(通常とつらい体験をした時)/構造遊びと自由遊び/構造遊び紹介/自由遊びへの寄り添い方/おもちゃの説明/発展的な遊びと停滞的な遊び/制限設定

~この研修は専門家向けであるため、この研修だけで十分なのではなく、プレイセラピー入門の必要性を感じてもらうことも大切な要素です~

時間数

2~5時間

講師料

5万円〜12万5千円 (参加人数が30名を大きく超える場合は講師料が上がります)

費用

原則、主催側に交通費、宿泊費、会場費、運搬費、印刷代などをお願いしています

キャンセルポリシー

・予定日の2週間前より料金の50%、1週間前より料金の100%をいただきます。

・講師の交通費、宿泊費についてもご負担いただきます。

 

III. 遊びを通した子どもの心のケア研修【一般の方向け】

遊びを通した子どもの心のケア研修は、セラピューティック・プレイ(治癒的遊び)研修の内容を、一般の方向けにした体験型の研修です。遊びの持つ力を理解することで、家庭、学校・保育園・幼稚園、病院等、子どもたちの生活場面で子どもをサポートするために遊びを活かすことができます。子どもと接する機会がある大人であれば、子どもの成長がより良い方向にむかうようサポートする方法を学ぶことができます。講義だけでなく、遊びへの寄り添い方を体験する実践的で、楽しい研修です。

お問合せ  申込書 に記入の上メールで、または、お問い合わせよりお送りください。

講師 メイン講師1名+アシスタント講師1名
対象 保護者、保育士、学校・幼稚園教諭、子育て支援者、放課後児童クラブ職員、児童福祉施設職員、医療従事者など、子どもと関わる方(最大30名)
内容

セルフケア/つらい体験をした子どもに良く見られる反応と対応の仕方/遊びの意味/脳(通常時とつらい体験をした時)/脳と遊び/構造遊びと自由遊び/構造遊び紹介/自由遊びへの寄り添い方/おもちゃの説明/発展的な遊びと停滞的な遊び/制限

時間数 1時間半~2時間
講師料

1時間半:30,000円、2時間:40,000円(応相談)

(参加人数が30名を大きく超える場合は講師料が上がります)

費用

原則、主催側に交通費、宿泊費、会場費、運搬費、印刷代などをお願いしています

キャンセルポリシー

・予定日の2週間前より料金の50%、1週間前より料金の100%をいただきます。

・講師の交通費、宿泊費についてもご負担いただきます。

Ⅳ. セルフケア研修

内容

セルフケア、脳と遊び、遊びの意味、遊び体験、シェアリング

時間数

1~2時間

講師料

20,000円~40,000円

費用

原則、主催側に交通費、宿泊費、会場費、運搬費、印刷代などをお願いしています

キャンセルポリシー

・予定日の2週間前より料金の50%、1週間前より料金の100%をいただきます。

・講師の交通費、宿泊費についてもご負担いただきます。

お問合せ お問い合わせからご連絡ください。

Ⅴ. 親子遊び研修

お問合せ お問い合わせからご連絡ください。

トップへ戻る