●米国プレイセラピー協会(APT)認定プレイセラピスト(RPT)について

日本プレイセラピー協会(JAPT)が提供するプログラムは、米国プレイセラピー協会(APT)の定めた認定プレイセラピストの資格取得のための正式な訓練として認められており、ご希望の参加者の方には研修証明書を発行しています。これまでお伝えしてきたように、その研修証明書は、APT認定プレイセラピストの資格を取得する際に、必要研修時間を修めた証明書として使うことができます。それでは、そこでいうAPT認定プレイセラピストとは何でしょうか?ここでは資格の概要を説明します。
米国プレイセラピー協会(APT)認定プレイセラピスト(Registered Play Therapist : RPT)
これはメンタルヘルスの領域において修士かそれ以上の教育を修了し、合計150時間以上のプレイセラピーに特化した訓練や、それぞれ規定の年数や時間以上の臨床訓練プレイセラピー実践スーパービジョンを受けた者に対してAPTから授与されるプレイセラピストとしての認定資格です。資格取得後も、3年間で36時間以上の継続的なプレイセラピーの訓練を修了することで初めて資格更新が認められます。
プレイセラピーに特化した訓練としては、APT認定のワークショップや学会への参加(JAPTもここに含まれます)、APTホームページで提供されているオンラインのテストを受けることでの単位取得などがあります。
プレイセラピストとして、子どもや家族、青年、大人の問題をよりよく適切に援助するべく力量を磨き、そのことを証明することを目的として定められた資格です。規定条件を満たしていれば、アメリカ以外の国の人でも取得可能で、最近では、中国や韓国などアジアの国々でも取得する人が増えてきたようです。
自分のプレイセラピストとしての訓練の基準として、APT認定プレイセラピストを目指し、訓練を続けることは励みにもなり、方向を定めやすくもなることでしょう。
*重要なお知らせ
2017年に米国プレイセラピー協会で、認定プレイセラピストの資格申請の基準の見直しが行われ、現在の日本の臨床心理士、公認心理師は、資格要件として認められない ことになりました。詳しくはお知らせ(PDF)をご覧ください。
資格詳細については、米国プレイセラピー協会(APT)ホームページをご覧の上、直接米国プレイセラピー協会にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

Copyright (C) Japan Association for Play Therapy
All Rights Reserved.
●米国プレイセラピー協会(APT)認定プレイセラピスト(RPT)について

コメントを残す

トップへ戻る