日本プレイセラピー協会主催 第1回 海外講師招聘プログラム プレ企画
春の子育て支援講座 「親子のスペシャルタイム」

すでに終了いたしました

 日本プレイセラピー協会では、夏期(7/28)にスコットランドからアン・カタナック先生を招き、子育て支援プログラム(講演会)を開催します。それに先立ちまして当会では、臨床心理学博士の大野木嗣子先生に、子育てが楽しく、味わい深く、家族がもっと幸せになる、子育てに関するさまざまな実践法を紹介していただく会をもつことになりました。春・夏の子育て講座がきっかけとなり、ますます元気で楽しい子育てタイムが広がることを願っています。


◆◆◆ 内 容 ◆◆◆

○子どもに優しく接しようと思いつつ、ついつい「ダメ!」といってしまいがち、どうしたらいいの?

○子どもを愛するっていうけれど、子どもを愛するってどういうこと?どうすることで伝えられるの?

○子どもとのかけがえのないときを、スペシャルなひとときにするには?

子どもの心の世界、子どもの遊び世界がもっと身近になり、
親御さんが元気になる講座 です。ふるってのご参加をお待ちしています。

* 0才から10才くらいまでのお子さんの子育てを念頭にお話ししていただきますが、10才以上のお子さんの子育てにも十分役立つ子育てのエッセンスが含まれます。


◆◆◆ 日 程 ◆◆◆

日時:2007年5月12日(土) 午後2時00分 〜 4時00分 ( 2時間 )

会場:南青山カンファレンスルーム
(JR山手線、東急線、京王井の頭線「渋谷駅」宮益坂方面の出口より徒歩約20分、 または地下鉄「表参道駅」B1出口より徒歩約10分)

対象:子育て中の方、子育てに関心のある方(お子さんを同伴しての参加はできません)
参加費:2,000円
定員:30名 

◆◆◆ 講師紹介 ◆◆◆

 大野木 嗣子先生

 アメリカのカリフォルニア・スクール・オブ・プロフェッショナル・サイコロジーにて臨床心理学の修士号・博士号を取得しました。現在、東京港区で個人開業(ドクター大野木サイコセラピー・カウンセリングクリニックhttp://www.dr-ohnogi.com/index_j.html)。カルフォルニア・スクール・オブ・プロフェッショナル・サイコロジー日本校修士論文客員講師、国際基督教大学にてプレイセラピーの客員講師でもあります。とくに、子どもとその家族、遊戯療法、親業や多文化的問題を専門としています。平成16年のスリランカの津波の災害時には、OperationUSAとAssociation for Play Therapy USAの派遣により災害児に心理的支援を実施しました。

◆◆◆ 申し込み ◆◆◆

☆ お申込みは、申込用紙(ワード文書)に記入の上、当会事務局メールまで。

☆ 締め切り:定員になり次第。

☆ 当会へメールご送信後、24時間以内にこちらかの自動返信メールがかえらない場合は、通信エラーの可能性もありますので、お手数ですが再度お送りください。

☆ お問い合わせにつきましても、事務局メールまで。


◆◆◆ 主 催 ◆◆◆

主催:日本プレイセラピー協会
   [代表 湯野貴子(クリニック川畑)] 
   [事務局長(副代表):葛生聡(青山学院大学)]